Google
 

2007年03月28日

耐寒とサバイバルの間で

うちのベンチャー隊が山中湖の近くで「耐寒キャンプ」なるものをやることになった。たまたま同じ場所で、友人の団のベンチャーも「サバイバルキャンプ」をやるという。私の生活からは何年もボーイスカウト以上にキャンプが遠ざかっていたので、こういうチャンスを逃す手はない。ふたつのベンチャー隊のキャンプのあいだで、私はローバーとこどもを連れて、何もしないただのキャンプをしてきた。

20070324 S3VS20070324 Y120VS


私にとってはボーイスカウトで山歩きやキャンプをすることが楽しかったので、社会人になってからは小さいテントやストーブなど少しずつ装備を充実させ、自分の個人装備だけでソロキャンプができるようになったまでは良かったのだが、たまたま結婚した相手がアウトドアにあんまり興味のない女性だった。私は、というと、食事とか買い物やホテルよりは、その分長い時間、少しでも人里離れた遠い場所に滞在してみたいタイプ。そういうのはやっぱり一般的ではないのかな、と思ったら、この本には「イギリスではそれが普通よ」、みたいなことが書いてあり、まさにわが意を得たり! だがしかし、ならイギリスでも行っちゃえば、となってしまうとマズイので、自分の中にとどめておく。

「お金とモノから解放されるイギリスの知恵」 井形 慶子



ちなみにこの本には、こんなことも書いてあり、以下のブログで紹介されている。

be-prepared そなえよつねに!
「教会とボーイスカウトが学校に勝る国」
http://be-prepared.at.webry.info/200603/article_3.html

続きを読む
posted by ぬまた at 01:50| ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

信仰についての考えを述べよ

ボーイスカウトの最後の課程であるローバースカウト部門においても、新しく入ってきた仲間は他の部門と同様に、「見習い」から正式に「隊員」になるという手順を踏む。まずスクワイヤー(見習い)としての訓練を受け、その成果が認められると、叙任式を経て正式にクルー(正ローバー)として迎えられるのだ。スカウト経験のないものは「ちかい」をたて、経験者は「再認」することになる。

私も新しい団に迎えられ、ローバー部門の担当を始めて1ヶ月あまり。これから昔のことでイジルことのできないスカウトたちを相手に、アドバイザー(隊長)を務めなければならない。ちょうど今はベンチャーから上進したてのスカウトひとりに、スクワイヤー訓練を行っているところだ。前任者はだんだん活動がすぼんできた団の体勢を立て直したい、と考えている。ローバーについても、これを機にまず「基本原則」をクルー全員で読み込むという作業をさせ、ボーイスカウトについてしっかり考えさせたいらしい。

彼が考えたいくつかの条件に、「自分の信仰に対する考えを説明しなさい。」というのがあった。さて、どうしたものか。以下、隊集会3回分程度のやり取りを、要点だけ掻い摘んで記しておく。

続きを読む
posted by ぬまた at 22:53| ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

基本に戻ろう

ボーイスカウトは誰でも参加できる開かれた運動なのだが、その指導者にも、誰でもなることができる。そこが塾やスポーツ教室との大きな相違点だ。この運動はこどもはもちろん、多くのおとなの参画・支援があってこそ、成り立っている。最初はこども預けるだけで良いんだ、と思って、興味もなく、或いは背を向けていた親御さんたちも、少しずつ関わっているうちにグイグイ引き込まれてしまう(と、断定しておこう)。もちろんみんながみんな指導者になることはありえないが、すこしでも多くの方々にこの運動のよさを理解していただくことが、良い活動をする原動力につながるはずだ。

そうして活動により深い関心がわいてきたおとなたちや、スカウトを10〜20年くらいやってきた若い人達は、そのうちにいくつかの講習や研修を受けることを勧められるだろう。それらの開催は年に1〜2回なので、それを待たずに、指導者としてスカウトの前に立つことはあり得る。いろいろ事情もあるだろうから、研修についてはそのうち(行けるような状況になったら/行きたくなったら)行けばいいじゃん、と私は考えている。もちろん、前向きに「行きたくなる」ことが重要なのだけど。

ポケットブック
続きを読む
posted by ぬまた at 09:47| ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

パトロールリーダー・ハンドブックの次に続くもの

京都連盟発行のパトロールリーダー・ハンドブックの副題には、−班長とパトロールシステムをよく知る本− とある。

ボーイスカウトの班長が読むのに適しているだけではなく、指導者自身がとても理解しやすい、使いやすいハンドブックになっていると思う。一般向けに売っても良いくらい、需品部のほかの書籍とは一味違う感じさえする。

残念ながら、なぜか需品部では手に入らない。教えていただいた入手方法は、こちら。

ボーイスカウト京都連盟
http://www.scouting-kyoto.jp/
→事務局のページ→スカウト用品→パトロールリーダー・ハンドブック
http://www.scouting-kyoto.jp/body/jimukyoku/goods/good/pl_hb.pdf

PatrolLeaderHandbook.JPG

私はどうしてこれだけの内容の本が、日本連盟ではなく京都連盟発行なのだろう?ということが気になっていた。

続きを読む
posted by ぬまた at 01:52| ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

お箸を使う国、英語がちょっと苦手な国

ちょっとご縁があって、というか友人に誘われるまま、CJKという海外派遣の壮行会にお邪魔させていただいた。

平成18年度アジア太平洋地域提携プロジェクト
【CJKプロジェクト2007派遣】(フィリピン)

CJK-Project2007 Japan Contingent
http://meidaisai.jp/2005/cjk2007/index.html

■派遣期間 2月4日(日)〜16日(金) 13日間
■派遣先  フィリピン マリキナ市 他
■派遣人員 ローバースカウト7名、指導者2名

このホームページによると、CJKについては以下のように説明されている。

Q1:CJKとは一体何??
A:CJKとはCHINA、JAPAN、KOREAの三カ国の頭文字をとって付けられています。

Q2:なぜCJKプロジェクトっていう名前なの??
A:それはCJKの三カ国でフィリピンを舞台に共同プロジェクトを行っているからです。


今年で5回目となるというこのプロジェクトの名前を聞いたのは、ほんの2週間前。紹介したい人もいるから、と言ってくれた友人にタダ連れられて、生まれて初めて(大袈裟かな)東京・三鷹にあるボーイスカウト会館を訪問した。

ボーイスカウト会館
続きを読む
posted by ぬまた at 21:04| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

組集会、どうやってますか?

今回の地区ラウンドのテーマは「デンリーダー」。内容は、通常円卓とは別に行う「デンリーダー研究会」に代わるものということで、参加者のなかにはデンリーダーもいらした。

カブの活動における組集会は、ボーイ隊に上進して以降班集会を自発的に展開するために基礎になる、重要な役割があると思う。ところが、カブ年代ではスカウトだけで集まって、何かテーマを持って活動することはまずできない。だから、デンリーダーがいないと(デンコーチはもっといないと思うから)、そもそも組集会なんて成立しない。

地区円卓の開催連絡をいただいた後、「デンリーダーが中心になって組集会を展開するためには、といった話について、みんなで考えることができれば面白い」と考え、その旨を副コミにお願いして、セッションをひとつ担当させていただくことになった。自分はタダの隊指導者ではあるが、もっと言えばトレーニングチームでもないし、一年前にCS課程の研修所に行ったばかりで、どうかな?、とは思ったが、でもやれば自分の勉強になるし、たとえ言ってることが間違っても、その場で副コミや参加してるベテラン指導者の方にに修正していただける(?)から、細かいことはあまり気にせず臨んだ。むしろ、他の隊の実情やいろんな意見を聞けることが楽しみだったのだ。

続きを読む
posted by ぬまた at 09:56| ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

仮想空間に乱立するフォーラムから何が生まれるか

ボーイスカウトのことをブログに書いている人がどれくらいいるのだろうか。自分でも書くようになって1年半くらいたったが、ウェブには実にたくさんの「活動報告」や「ひとり言」が毎週のように発信されている。面白がってるうちにいつのまにかRSSリーダーに登録してあるサイトが100を超えてしまった。とてもすべては見きれないが、気になるブログはほぼ欠かさず拝見させていただいている。

mixiではどうだろうか。昨年秋に、こんなコミュを作ってみた。

mixi [dir]ボーイスカウト
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1499677

キーワード検索で140あまりのコミュを集めることができたが、若干漏れがあるかもしれない。こちらはSNS独特の安心感からか、圧倒的に言いたいことをはっきり言える「ストレス発散の場」になっているような気がする。多くの日記やコミュニティが新しく出来てはいつの間にか更新が止まり、議論が盛り上がったかと思えばまた何もなかったかのように静かになってしまう、という状況はおんなじかもしれないけど。

続きを読む
posted by ぬまた at 23:55| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

香港童軍中心

B-Pの名を冠したホテルが、香港にはあるんです。私は香港には4年も住んでたくせに、しかし一度もここに足を運んだことは無かった。ホテルの前のオースティンロードなど、何度通り過ぎたことか。当時の私は、「昔ボーイスカウトをやってたことがある、(そんなことは遠い思い出の彼方になっている)」うちのひとりだったのだ。今ではお土産を買ってくる相手もいるので、中国出張の帰りにちょこっと寄り道して、スカウトショップを覗いてきた。

HKSC.JPG

続きを読む
posted by ぬまた at 22:55| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たまでんハイク

友人の団をお手伝いする機会があった。街中で行うボーイ隊のハイキングで、チェックポイントに着いて課題をクリアすると、その次のチェックポイントの座標が与えられる。つまり、スカウトは事前に行き先やコースを知ることはできない。

ここのボーイ隊はしばらくの間、隊長ひとりで切り盛りしていた。そこに最近、彼の先輩が本格的に復帰し、その先輩つながりで連れられてきたスタッフが2名スポット参戦。下見やチェックポイント運営などで人手も手間もかかる課題ハイクを、事実上隊として初めて展開することができた。スカウトたちにとってだけでなく、指導者側にとっても大きなチャレンジであったと思う。

今回仕込んだネタは、廃線になった路面電車「玉電」の痕跡をめぐるというもの。

想い出の「たまでん」>玉電の歴史〜開通から玉川線廃止まで〜
http://www.setagaya-line.com/railfan/tamaden/history.htm

enkouji.jpg

続きを読む
posted by ぬまた at 20:59| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

「運動家」であること

「スカウティングは運動です。これに賛同する私たちは運動家なのです。運動家はその目的、原理、方法を広く世に伝えなくてはなりません。」私の古くからのスカウト仲間が、最近そういう表現を使う。真摯に取り組み続けている彼らしい言い方だな、と思うと同時に、正直ドキッとした。ある方のブログにコメントを寄せたのも、その言葉でドキッとさせようと思ったから。(ウソです。)

BS・・もとい! VS隊長な日々
隊長が遠慮してどうする !
http://blog.goo.ne.jp/bskurosan/e/04226becac9276c4127257d6b1332b49

続きを読む
posted by ぬまた at 22:11| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Loading...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。