Google
 

2012年11月19日

これからやってみたいと思うことを、書いてみよう

来年3年生になる公立高校に通うスカウトに、来年の夏に行われるボーイスカウトの全国大会(日本ジャンボリー)の参加意思を最終確認するタイミングが近づいたので、まわりくどくアプローチしてみることにした。

彼のなかで意味が見出だせれば、受験生の夏であっても、隊長として最大限の後押し(=保護者の説得)をするつもりで、そのための材料にもなると考えた。

一枚の白い紙を渡すと、最初は主にボーイスカウトでやる活動が、簡単に5、6個でてきた。



わかった。ではもうちょっと広げて、例えば進学するならどういう分野なのか、あるいは生活面のこととか、遊びのことでもいいし、やってみたいアルバイトとか。じゃあそれで稼いだお金で買いたいものとかやってみたいこととか、そういうことを何でもいいから書いてみて。別にそれをやりなさい、ということにはならないから、思いつくままでいいよ。

ファミレスのコーヒーを2杯飲んで、スマホでこの文章を書いてるうちに、A4の紙は彼の夢で埋め尽くされていった。彼の筆がなかなか止まらないので、私は思索にふけるフリをしてこの文章の前半を、入力し始めたのだった。「やりたいこと」を引き出し、「どうすれば実現するか」を考え、実行した後に評価する。という教育法の中で、最初の段階で苦労する場合も多いが、彼の場合はちゃんと文章で現せるので、ちょっと焚きつけた後はそれが出てくるのを待てばよい。


余白が少なくなったところで、一度読ませてもらった。いろいろあったけど、私が捕まえようと思っていたキーワードはもれなく書かれていた。大学進学(2013年)、日本ジャンボリー(2013年の16NJ http://www.scout.or.jp/event/16NJ_30APRSJ/ )、世界ジャンボリー(2015年の23WSJ http://www.23wsj.jp )。そう、彼にとっては、どれもやりたいことだったのだ。だいたいわかってたけど、ちゃんと言葉にして出てきた意味は大きい。

まず最初に、進路について聞いた。「大学には行きたい。現役で合格したい。」

そうだね。どうやったらいいだろう?私は自分の失敗談と、自己評価による敗因分析、社会に出てからのことなどについて話した。学生としても彼の方が優秀であることは、如何ともしがたいのだが。

それから彼がスカウトとして参加した前回の日本ジャンボリー(15NJ)について聞いた。私はジャンボリーに行ったことがないので、何がおもしろかったか教えてくれ、と。それは私が今までに他のジャンボリー経験者に聞かせてもらっていた話と、やっぱり同じようなことだった。ジャンボリーはボーイスカウト活動の醍醐味を、凝縮して味あわせてくれるとても貴重な場なのだ。

だから、次も行ってみたいのは当然だろう。そして幸運なことに、次回の世界大会は、彼の大学在学中に日本(山口県きらら浜)で行われる。


脱線もしつついろんな話をしたけど、そろそろ話をまとめなければならない。夢が散りばめられた1枚の紙を指し、つまり、これが全部やりたいんだよね。そしてたぶん、ここに書いてあることは、これからの人生でたいてい実現できると思うよ。でも、自分のチカラだけじゃないよね。他人のチカラ、特にいまは親のチカラを借りる部分も大きい。理解を得るために、どう説得しようか?

ベンチャースカウトとして、何をやりたいかを自分で考え(企画書)、それを実現するためにどうすればいいかを具体的に考え(計画書)、結果に対して自分で評価する(報告書)、ということをやるよね。それぞれを書類にまとめるのは、まわりの協力を得るためなんだ。どうしたら協力を得られるか?実績を積むしかないんじゃないかな。今までやってきたように。

では例えば、このなかで一番は23WSJだとしてみよう。16NJにも行って、大学にも行って、23WSJにも行きたい。いや、23WSJに行くまでに、16NJにも行って、大学にも行く。という言い方もできるんじゃない?ただ、16NJは、無理に行きたいという必要はなくて、自分がそう思えるなら、そう言えばいい。行ければ行けた方が良いとはもちろん思うけど、行った方が良いから行け、とは言わない。

自分の人生だからね。自分で納得する方を選べばいいんだ。結果が出た後のことは、その時また考えればいいじゃん。それが何であっても、やりたいことを実現するために、何か一緒に考えよう。そのチカラにはなるよ。

最後に、やりたいことがランダムになっているのを、ことの大小も考慮して少し時系列に書き直してみよう。それを見せながら、自分の思いを、自分の言葉で話してみるのが良いんじゃないかな。というアドバイスをした。ごく近いうちに、それを見せてもらうことになっている。
posted by ぬまた at 02:34| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Loading...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。