Google
 

2009年09月08日

それはセンスの問題だとは思うけど

ボーイスカウトだけじゃなくても、センスとかで切り捨ててしまったら、そっから先に続かなくなってしまうと思う。そうやって、言葉を飲み込んでしまったことが、今年のキャンプではあった。

1日かけるハイキングの途中のチェックポイントで、私は待機していた。全行程の4分の3くらいの所だ。天気は快晴ではないけど、まずまずである。

スカウトたちが元気に下りてきて、今思うと元気すぎて、コースが楽すぎたのかと思うくらいではあったが、とにかくひとりひとりに、「水筒の中身があとどのくらい残ってるか」と声をかけた。

「まだだいぶ残ってるよ。」ああ、あんまりノド渇かなっかったのかな。「大丈夫、これがあるから。」って、清涼飲料水のペットボトルが出てきた。あれれ???

その場ではなにも触れず、事実確認のためにプログラム終了後、同行者に個別にインタビューした。



続きを読む
posted by ぬまた at 00:55| ☔| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Loading...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。