Google
 

2008年09月16日

デンリーダーに手伝っていただき、組集会をやってみよう

カブスカウトの隊を運営し、活動を展開するにあたっては、やはり隊長ハンドブックに従ってやるのが一番やりやすい。

たぶんこれは、過去の膨大なノウハウの集大成だし、迷った時のよりどころとして、誰かに尋ねるよりははるかに客観的に、そして実に教科書的に答えてくれる。

新年度、私が隊長になって最初の隊集会は、保護者会と並行して行った。


進歩の説明


続きを読む
posted by ぬまた at 00:10| ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

CS隊長な日々・・・始まりました

ボーイスカウトをやっている理由は、「楽しいから。」

これはおとなにもこどもにも共通で、「最初は、それでいいのでは?」

当時、ただ楽しそうにやってる以上のものが何もない団にいて、「ボーイスカウトは楽しいだけでいいのか?」という課題を持って臨んだ最初のウッドバッジ研修所で、主任講師Gさんにいただいたこのお答えを、私は忘れることができない。

最初の楽しいだけでずっとやってしまうことも、マクロでみれば許容範囲なのだろう。

むしろ私は、様々な現実を多様性として受け入れ、これを強みに変えていけなければならない、と考えるようになった。

このブログの最初のエントリーに「総体として理解してみたい。」と書いたのは、極端に言えば過去との決別を宣言してみたかったのである。できるのか、そんなこと。

2006年05月04日
スカウト運動を「総体」として理解できるだろうか
http://abhs.seesaa.net/article/17391304.html



続きを読む
posted by ぬまた at 22:46| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Loading...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。