Google
 

2007年06月06日

ボーイスカウト再生会議を開催しよう

内閣に設置されている教育再生会議において、続々と報告書がアップされています。ボーイスカウト運動が、他の青少年教育団体には無い特徴を持っていること、その良さを知ってる人は「内側」には多いんですけど、やはり社会的には「あまり認知されていない」かもしれません。そのことが、下記のエントリーにも指摘されていました。

Learning by Doing スカウティングの可能性
http://blog.hiroshi-iwasaki.com/?p=123

しかし残念なことに、ここではスカウト団体はスポーツ団体とひとくくりにされ、やはり単なる野外教育団体としてしか認知されていないようだ。


確かに、今後の日本の教育の方向性を模索するこのような会議において、ボーイスカウトがその役割とか効用が認められ、積極的に語られて欲しいですね。(現状はさておき)少なくとも目指しているものについては、十分それに値するのではないでしょうか。

しかしボーイスカウトの扱いが小さいということは、運動に携わるものにとって寂しい限り。心情的には「いくつかある青少年教育団体」のうちの一つ、という括りにも、抵抗したくもなります。


認知されていない、ということについては、こちらにも具体例がありました。

スカウティング研究センター 事務局の日記
2007年03月18日
スカウト用のシャツだと思う・・・。
http://riics.seesaa.net/article/36298852.html



ボーイスカウトが社会的に広く認知され、人々の関心を引くような存在になっていく為には、外から見て、加盟員がどんどん増えていけば良いんですね。勝手にマスコミも注目するし、こんな記事も書かれないですみます。

2006年11月17日
読売ウィークリーに「ボーイスカウト」に関する記事が掲載されています
http://riics.seesaa.net/article/27703941.html

それで、前回記事にもありましたが、問題は入ってくる人が少ないことよりも、去っていく人が多いことなんだと思います。


続きを読む
posted by ぬまた at 23:58| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

新規加盟員を増やし、中途退団をなくそう

権六のビバビバな日々にトラックバックしています。

2007年05月31日
新アクションプラン

http://blog.livedoor.jp/moriya1bvs/archives/50167467.html

ここで紹介されている「新アクションプラン」、早速拝見しました。「新規加盟員を増やし、中途退団をなくそう」というのは、そのサブタイトルです。それに続く前書きが、なんだかとってもじ〜んとくる内容でしたので、ここに引用させていただきます。


    新アクションプランの実施にあたって
   〜新規加盟員を増やし、中途退団をなくそう〜

 かわいい子どもたちが、幸せに育ってくれることを願わない保護者はいないでしょう。また、明日を担う青少年の健やかな成長を願わない大人はいないでしょう。
このような願いに賛同し「より良いスカウティングを より多くの青少年に!」をスローガンに掲げ、私たちはスカウト運動を推進しております。
日本の人口は1億2千7百万人、スカウト人口19万人、すなわち、1,000人に1.5人しかおりません。加えて20数年来の減少傾向に歯止めをかけることができません。
平成17年度日本連盟の加盟員数は188,620人で前年度比−7,930人、昨年20万人を切ったと思ったら1年で19万人を切ってしまいました。団数も57個団の減です。
1個団あたりでは、3人の減です。すなわち、8人入って11人辞めていく状態です。これまでは2人の減でした。
おおよそ全国第9位の県連盟が、毎年無くなっていく状況です。
これでは社会の期待に応えているとはいえない状況です。




続きを読む
posted by ぬまた at 01:05| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Loading...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。