Google
 

2006年07月31日

アンチテーゼとしての舎営

いよいよ目前に迫った夏季舎営。今日は午前中が健康診断と荷物検査、午後は区役所の打ち合わせスペースで、舎営前最後のスタッフミーティング。一昨日ほとんど徹夜で仕上げたマニュアルを全員で追って、その後足りない備品の買出しをした。

前回の記事に考え方を述べたが、一日の基本スケジュールはこんな感じである。
続きを読む
posted by ぬまた at 01:18| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

夏季行事説明会と、ジャンボリー壮行会

各隊合同で夏季キャンプの保護者説明会を行い、午後はジャンボリーに参加するスカウトの壮行会をやった。

いままでジャンボリー型の団キャンポリーしか経験してない歴史の浅い団なので、隊単独でやるのは今回が初めて。ここでいうジャンボリー型とは、スタッフが大掛かりな準備をして、プログラムをこなさせてあげるスタイルのこと。それはそれで楽しいからありとしても、しかしその前にやるべきこととして、本来の基本的なキャンプというのもあるのでは?と思っている。

そこで、間近に迫った今回の自分の隊のキャンプについて考えていることを書いてみたい。

ジャンボリーについては、こちらでの議論もちょっとだけ踏まえて。
http://blog.goo.ne.jp/bskurosan/e/ba15ec46af498c6890b5d1ac7e02fcdc

続きを読む
posted by ぬまた at 22:55| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

地区円卓で他団の活動を見学

春先に行ったラウンドテーブル(カブ部門)では、模擬集会形式で追跡サインを使った課題ハイクを体験した。今回は、ほとんど観客としてある団の活動を見学させていただく。活動の内容としては、中学校の理科教室内で科学実験を行うというもの。学校の先生がその団の関係者ということだった。公園に集合、開会セレモニーから徒歩と電車での移動、実験と科学マジックを楽しんで、また公園に戻り解散という流れだ。

続きを読む
posted by ぬまた at 00:58| 🌁| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

地元を流れる川を知ろう

港北ニュータウンの中央を流れる早渕川は、ほとんど護岸工事がされて、金網で柵も作ってあるので、普段はめったにその中に入れない。しかし、センター北駅とセンター南駅の間のいわゆる中央地区の開発がようやく始まって、河原には親水公園とやらも整備されるらしい。

今回は鶴見川流域ネットワーキング(以下、TRnet)、および早渕川ファンクラブの特別の計らいで、河川敷の清掃活動と川に生息する生き物を実際に採集してみる、というプログラムが実現した。


NPO法人鶴見川流域ネットワーキング(TRネット)

http://www.tr-net.gr.jp/

続きを読む
posted by ぬまた at 01:25| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Loading...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。